×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴーヤーちゃんぷるー

知名度は全国区になったかと思える沖縄料理「ゴーヤーちゃんぷるー」
ビタミンCも豊富で夏バテ防止もあるので、沖縄では真夏の定番料理です。

出来あがり予想図

 <材料>

  ゴーヤー(苦瓜)  1本

 豆腐(木綿)     1/3丁

 ポーク(*1)     1/4缶

 卵           1個

 かつおだしの素   1袋

*1:ポークはハムの缶詰で、沖縄の家庭料理によく使われています。このかわりにシーチキン1缶を代用してもOK!

下準備

1. ゴーヤーを縦半分に切り、中にある白いワタをスプーンなどできれいに取り除く。
2. ワタを取り除いたゴーヤーを2・3mm程度に切っていく。
3. ゴーヤーの苦味をやわらげたい人はここで、軽く茹でておくか水に30分程度さらしておく。
4. 木綿豆腐はよく水切りし、一口大に切っておく。

<作り方>


1. 豆腐をフライパンで焦げ目がつくくらいに炒め一度取り出す。
2. フライパンに油を適量入れゴーヤーを炒める。
3. ゴーヤーに火が通ったら豆腐、ポーク(シーチキンでも可)、かつおだしをいれ軽くまぜる。
4. とき卵を加え、さっと炒めて出来あがり。

HOMEへ