×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キムチ

ご飯にのせてもいいですが、辛さをおさえると酒のつまみとしてもかなりいけます。本格的にキムチを作ろうとするとだし汁をとったりと面倒なので、簡単な方法で作りましょう。
週の初めに作れば、週末にはおいしい酒と一緒にキムチが頂けることに。「キムチの素」なんて使わないぞ。

<材料>

 白菜  2分の1株
 粗塩  大さじ3
 にら  適量
 (たれ)
 塩辛  大さじ5
 にんにく 4かけ
 おろししょうが 20g
 粉唐辛子(韓国産)大さじ4
 はちみつ 大さじ2
 昆布茶 小さじ1
 いりごま 大さじ1

<作り方>
1. 白菜を一口大の大きさに切り、粗塩をまぶして一晩置く。
2. 白菜がしんなりとなったら、よく洗い絞る。
3. にらを4センチ程度に切り、塩をまぶす。しんなりしたら洗って絞って、白菜と混ぜる。
4. たれの材料全部を混ぜ、白菜、にらと合わせる。
5. 容器にぎゅっと入れ、空気が入らないようにラップをする。
6. 冷暗所に保存(光に弱いので)
7. 夏なら1日、冬なら3,4日後から食べごろ。冷蔵庫に移す。2,3ヵ月間おいしく食べられる。
  
唐辛子は必ず韓国産のものを使ってください。日本産の唐辛子で作るとものすごく辛くなります(いちど失敗した)。
キムチは光や空気に当たると酸化して味が変わっちゃいます。容器に入れるときは、中の空気を追い出すようにぎゅうぎゅうにし、上からラップをかけてください。
塩辛はホントは「あみの塩辛」ってのを使うようですが、そんなの見たこと無いので、私はいつもいかの塩辛を使ってます。もし、あみの塩辛があれば、それを使ったほうがいいと思います。


HOMEへ